読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンチャーテッドがVRで遊べる未来、早く来てくれ

VRはゲームや映像体験の幅を限りなく広げてくれると思うのですが、アンチャーテッドがVRでできるようになったら興奮しすぎたプレーヤーが死んだりするんじゃなかろうか。QTEとかリアルに反応できずに、臨死体験なんどもしたりして。

でも、よく考えたらアンチャーテッドボルダリング風の動きがキビキビしていてストレスをあまり感じないので、VRにしたらむしろめんどくさくなって爽快感なくなるし、3D酔いとかするかもしれませんね。崖とかリアルすぎて進められなくなっちゃうか。

VRならではの仕掛けとか期待したいですよね。覗き窓があって覗くとイベント起こったりするんだろうな。中の人と目があったりして。

VRの中の美女に「どこ見てんのよ?」とか言われたりするのかな。視線を合わせないっていうギミックも面白そうですね。合わせたら殺されるとか。そしたら足元しか見えなくて想像するんだろうなー

リアルな大名行列の農民体験、誰か作らないかなーひたすら下しか見ないVR。何か目覚めそうで怖い。

 

 

お題

お題「Nintendo Switch

 

探しているのに本当に買えない。ゼルダだけやりたいのにやれないストレス。

スカイウォードソードもまだやってないのでスイッチで出して欲しい。で、多分他にやりたいものは当分出ないと思う。

子供の頃からの任天堂ファンだけれども、任天堂しか作れないゲームのインパクトは年々低下してきてて、wiiやdsのゲーム体験の拡張も結局はハードの性能進化に引っ張られて陳腐化してしまう。

PS4が余りにクールすぎるし、ゲーム性の部分は任天堂が巨人すぎて異論あるかもしれないけど、ゲームの表現要素の部分では圧倒的に他のハードが勝ってる。任天堂のゲームやハードのゲーム性は本当に優れているのだけれど、その地道な進化はもうテクノロジーの進化に着いていけてないのかもしれない。で、技術が枯れた頃が任天堂の出番だと。

まあ、みんなが感じていることではあるんですけど、任天堂ps4のゲーム作ってくれたら解決。

なんか、書いていて10年前に100万人くらいが思っていたこと書いちゃった。

 

なぜ女子の冷え性は治らないのか

僕の知り合いの子は、みんながみんな冷え性なんですけど、誰か改善する薬を開発してくれないか。

ディズニーランドで「さむーい」とか言われると、「ディズニーランドはできた時から寒いし暑いんですけれど?」って言いたくなる。完全防寒してる夢の国の住民の現実をもっとよく見ろ。

小林製薬は何してるんだ。

【備忘】bluetoothヘッドホン、イヤホンのベストバイを調べるのがめんどくさかった

一応、今のところ(2017年4月末)のbluetooth私的ベストバイと思われるアイテムは以下の通り。

ヘッドホン

・MDR1000X

・Quietcomfort35 wireless headphone

イヤホン

JBL EVEREST100

(追記)

・JPA1 MK-II

イヤホンはこれを買いました。正直安いbluetoothイヤホン見くびってた。これ使い倒すのもありですね。

 

色々調べたけど、本当にどれがいいのか調べにくい。理由はいくつかあるけど、「今選ぶべきホニャララ5つ」のような記事が多いのも一つだと思われる。

 

ちなみに上記の選定の前提としては、こんな感じ。

・予算は40,000円以内

・外で使用し、ストレスが極力少ないもの(音質の不満、接続、持ち運び、使用感など)

 

MDR1000Xは強力なノイズキャンセルと圧縮音源の補正、電池持ちのよさで隙がない。今、ブルートゥース接続での不満は音質と電池持ちだから。

Quietcomfort35 wireless headphoneもいい線いってるけど、個人的にはBoseの耐久性がどうかなと。結構ラフに使うとすぐボロボロになっちゃいます。軽さとデザイン、ブランドバリューがいいので好みですね。

 

ヘッドホンタイプ以外は正直発展途上で難しい。Tao tronicやAnkerの3,000円程度の使ったけど、接続と音質に不満が残る。電池持ちはほとんどusb充電が可能なので、モバイルバッテリーを持っていればあまり問題にならない。やはり音質と接続。で、これかなと。

 

左右独立タイプ是非もっと進化して欲しいのだけれど、バッテリー等のスペースの制約が厳しいので、メリットが見えにくい。

 

あとヘッドホンで唯一イラっとするのは髪型乱れるのと、ヘッドバンドが整髪料で汚れやすいこと。なんでこれ全然問題視されてないんですかね?皆んなハゲなの?それとも黒髪さらさらロング女子なの?

はよクールなバックセット型の全部入り

ヘッドホン出して欲しいです。

 

 

 

 

バクマン読了

初めて読んだのですが、今までぼんやり聞いていた週刊連載の裏側と、書き手が「王道」と「邪道」を意識するストーリーが生々しくてよかったです。

最後に行くにつれて、恋愛&バトルっぽくなってましたけど、それでも十分面白かった。最後は綺麗すぎてちょっと残念。後日談的なストーリーが欲しかった。

バクマンの影響で小・中学生の二人組の持ち込みが増えたと聞いたのですが、やっぱり影響うけますよね。

でも今読み手の幅は上に広くなるから、若くして漫画家の準備するのは個人的にはどうかなと思います。アウトプット求められるとインプットが追いつかなくなるかもしれないですからね。

さすがにヒストリエとかシグルイとかは若い人には無理だよね。

バストアップは難しいが、ヒップアップは難しくない

世の中の片隅で叫びたい。胸は大きくならないが、ケツは大きくできる。なぜなら胸は脂肪でケツは筋肉だから。

世の中の女子に下半身強化の波が来ますように(だが、倉持由香、てめーはダメだ)。

 

 

閉じてる有料記事は情弱ビジネス

細切れにした情報商材に見えるのですが、どうなんでしょう。

もともとノウハウ教える系の記事は当然事前に読めないので、買ってみてあたり外れがあるものではあると思うんですが、いくらが適正かどうかなんて誰にもわからないので、「あんまり稼げない情報商材化」してしまうのは必然のような気がします。

情報格差があるのに「自己責任」の名の下に選択をさせておいて、情弱呼ばわりするのはアンフェアだと思うし、長期的には信頼を失う定めだと思います。

だから焼畑農法的に稼ぐのかな。やっぱり合理的なんだね。