昔のブログの記事をもっと読みたい

相川さんで思い出したので、昔の有名な方のブログをいくつか読み返してみたのですが、熱量の込め方が半端なくて面白すぎる。

これ、今だとアクセスが集まって容易に収益化できるような方向に行くのかもしれないけど、逆にきわどい表現なんかを取り上げられてすぐつぶされてしまうかもしれないですね。限られた人の目にしかつかないから、きわどくてバカバカしくて瑞々しいかったのかも。

結局、ブログによる収益化とか、ブログが一般化してエッジがあるブログが直に拡散される状況って、逆に読みものとしてのブログのキラキラした部分を消しちゃってるような気がする。

私が昔よりおもしろブログを探していないだけなのかなあ。