読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に最短距離で上達する英語勉強法はネットでは見つかりにくい

自分で英語を勉強してきて、最短距離で上達する方法を集めたりしてそれを適当に実践してきた。

英語勉強には小さなトレンドがある。少し前は英語曲から発音を学ぶ方法の英語耳、英作文を瞬間的につくる英語完全上達マップ、語彙を限った茅ケ崎方式というのもあった。私はこの参考書を全て買ったし、それぞれやってみた。効果があったものもあったし、それほどなかったものも多かった。

TOEICも9割くらいとれるようになって、たまには外人と英語で喋る機会も増えたのだけれども、結局最短距離で英語は上達しなかった。むしろ無駄な勉強が多かったように感じる。

ネットで調べると様々な英語の勉強法の紹介があるのだけれど、どうもうまくまとめきれていない気がする。どうしてかをずっと考えていたのだけど、いくつか理由があるような気がしてきた。

英語運用のレベルを客観的に図る適当な指標がない

ネットで得られる情報は個人の経験が中心

ネットで調べると上位にくるサイトはマネタイズブログ系で、信頼性にやや疑問がある

個人の英語レベル、かけられる時間、費用はそれぞれで、一般化がしにくい

 

特に、グーグルで「英語、勉強、効率的」とかで検索しても、あんまりピンとこない情報が多い気がする。どうしてもマス的になってしまうし、達成目標なんかもあいまいだったりする。

もし私が書けるような能力があればいずれまとめて書ければな思うのだけど、そもそも英語学習(というか第二言語学習)の根本的なところに正しい情報と提供されている情報のズレがあるような気がする。

 

追記

もし自分が誰かにアドバイスするとしたら、まずはTOEICのリスニング部分を音読&暗唱してもらってリスニングで400点越えを目指してもらうのがいいと思う。リスニングができないとスピーキングもできないし、リスニングが上達するとリーディングもよくなるから。