思うがままに沢山書くこと

仕事以外で、自分の考えや思いをアウトプットする機会はあまりなかったけれども、たまたまブログでも書いてみようかと思って色々書いていくと、そもそも自分が思っていた以上に自分の考えが文章になってきているように感じる。

質が高い文章が書けているわけではなくて、書いている文章を後で読み返してみると、思わぬ自分が行間から出てくるような気がする。ちょっと怖い。

でも、思うがままに沢山書く作業はとても大事なことなんじゃないだろうか。もちろん個人的な日記に書けよってこともあるだろうけれども、そもそも音楽だって売れ線の音楽には必ずアンチが出る訳で、ごくごく個人的な経験なんかをそれなりにひっそり書いていくことも悪いことではないような気がする。

今は、SEO対策されたブログが上位に来ますけど、はてなダイアリーができた頃はまだテキスト系だったけな?と呼ばれる人々しかいなかったような気がします。そういうのをよく読んでいたので、今の状況に違和感を感じるんでしょうかね。