圧迫面接の半端ない意味のなさ

最近よく思うんだけど、少し前の会社の常識ってそもそも根拠あんのかっていうことが多いよね。圧迫面接もその一つだと思うんだけど、一体なんの意味があったのか全くわからん。

 

ストレス耐性とか無理難題への回答の仕方を見てるんだったとすると、そもそも将来のストレス耐性なんか短い面接で見れないし、無理難題への対応だったら最後に、質問の意図とその失礼に対して一言詫びるようなことを言えばよかったのにね。

 

昔、圧迫面接を受けた会社が何社かあったけど、今みたら全部買収されたり吸収されたりしてた。

 

結局、マネジメントのレベルがあらゆるところに影響してたんだと思う。圧迫面接してる暇があったら、少しでも優秀な人間をどうとるかとか、入社後伸びた人のコンピテンシーを分析して採用に生かすとかしたら良かったのにね。だったら今でも存続できてかもしれないよ。